バンクイック増額

増額する事のメリット・デメリット

すでに「バンクイック」で契約をしている人ならご存知かと思いますが「初回契約した時の限度額が少ないので、限度額をふやせないかな?」と考える人が少なからずおられます。

 

「バンクイック」は簡単に増額申請が出来ますし、場合によっては「バンクイック」から増額の案内が来る事もあります。

 

増額をして貰うには優良顧客と認めてもらう

増額をして貰うには「バンクイック」からみた時、優良顧客として認めてもらう事が重要です。

 

そのためにも

  1. 半年以上「借りては返す」を繰り返している
  2. 返済は延滞や遅延を起こさず、返済日にはきちんと返済している
  3. 繰り上げ返済を利用して返済期間を短くする努力をしている

これらを続けることで、「バンクイック」から優良顧客として認められ、増額審査にも通りやすくなります。

 

増額する事のメリット

利用限度額が増えるという事は、借りられるお金、すなわち借入限度額が増えるのでさらに多くのお金を借りる事が出来るようになります。また、増額する事で他社からの借入が有る場合、「バンクイック」で1本化する事も可能で、限度額が増える事でこれまで支払っていた利息を減らすことが出来るようになります。

 

たとえば、消費者金融3社から150万円借りていたとすると、その金利は3社から上限金利の18.0%で借りていると思います。その借入をバンクイックにまとめると「バンクイック」の金利は100万円~150万円は11.6%になるので、単純に計算しても6.4%下がる事になります。

 

 

増額申請のデメリット

増額の審査は、初回申込時とほぼ同じですが、その内容に「利用実績」が加算されます。利用実績とは、バンクイックと取引をはじめてからの利用状況の事で「バンクイック」を、どの程度利用しているか、返済はきちんとできているか、という事もチェックされます。

 

そこで注意が必要なのは、増額のための審査なのに、逆に減額されてしまう場合もある、ということです。

 

チェック

たとえば、最近、勤務先が変わったばかりとか、給料が減額された、他社借入の返済が止まっているというように、初回の申込より状況が悪くなっている場合は、審査結果がマイナス評価され、限度額の減額や、最悪利用停止と言う事もあります。

 

増額申請はメリットばかりでなく、デメリットもある事を知っておく必要があります。